赤い糸プロジェクト
企業等参加型
赤い糸新商品開発プロジェクト
〜100周年記念岡崎特産品創造事業〜
NEWS
赤い糸新商品開発プロジェクト第6回ワークショップ
2016/03/22

岡崎市制100周年記念事業「赤い糸プロジェクト」

赤い糸新商品開発プロジェクト第6回ワークショップ

平成28年3月12日(土) 14:00〜16:00

太田油脂株式会社


第6回目のワークショップを開催しました!


今回は「企業視察」として、新商品開発プロジェクトメンバーで太田油脂株式会社様を訪問しました。


1458637183 1458637238

岡崎市で100年以上の歴史を持つ太田油脂様について、太田社長からご挨拶をいただいた後、女性が活躍している「あぶら部(A・BU・LOVE)」のメンバーを中心に、DVD放映や工場見学、講演を行っていただきました。


はじめにDVDを通し、太田油脂様について、日本で初めて食用のえごま油の加工を開始したことや、えごま油ができるまでの工程、地球のための循環型企業を目指す太田油脂様の品質へのこだわりやセキュリティ、衛生管理への取り組みについてご紹介いただきました。


1458637258

次に、2つのグループに分かれ、工場見学とえごまの種の圧搾体験をしました。

工場見学では「えごまの種を絞るにはどれくらいの圧力が必要か?」「油の特性に考慮した工場内での輸送方法」など分かりやすくご説明いただき、2014年に設立された包装工場での梱包作業風景も見学させていただきました。


1458637290 1458637312

100年前は住居だったという木造で歴史ある「あぶら館」で行った圧搾体験では、手搾り用の器具にえごまの種を入れ、参加企業様が交代でえごまの種を搾りました。手搾りしたえごま油を試食し、出来立てのえごま油の風味について皆さんそれぞれの感想を口にしていました。


1458637691

そして、「えごま商品ヒットの舞台裏と今後の展開」の講演では、えごま油食用化への取り組みから、誰をターゲットにするのかというマーケティング戦略、販売強化を目的とした実践事例をご紹介いただきました。

2015年3月にメディアに取り上げられ大ヒットした後も、時流に合わせ戦略を変更、イメージキャラクターを起用し、各地での食のプロフェッショナルとの連携した内容を含め、講演の最後は今後の展開についてもご説明いただきました。


質疑応答の時間では「えごまで世界を健康に」を掲げる太田油脂様へ、個装パッケージにした理由や新商品における価格設定、海外戦略について等メンバーから質問、太田油脂様よりご回答をいただきました。

終わりの挨拶ではDDR安藤氏より新商品開発において「誰に・どのように発信していくのか」「地域や周囲との連携の重要性」についてまとめ、視察を終えました。


次回のワークショップは4月12日(火)

講師:叩き上げブランディングプロデューサー 安藤竜二

テーマ:効果的なチラシの作り方

場所:岡﨑市図書館交流プラザ 3階/会議室303

次回は、ターゲットに訴えかける効果的なチラシの作り方について講義します。

 

PAGE TOP